スペシャリストを目指す|徹底的に音楽を学びたいのなら音楽専門学校へ行くのがおすすめ

徹底的に音楽を学びたいのなら音楽専門学校へ行くのがおすすめ

婦人

スペシャリストを目指す

フィルム

アニメの技術までが学べる

テレビ・映画などの映像作品制作において、撮影した映像を編集したり、音響効果などのポストプロダクションの技術は必須です。クリエイターを養成する専門学校は首都圏に多く点在しており、プロが使用する最新の機材や設備が整っています。例えば、エンタメの現場から生まれた専門学校では、教育ノウハウも充実し、プロの現場を意識した実習を中心にカリキュラムが組まれています。芸能界で活躍したい学生が増加傾向にあり、目指せる職種も映画監督やカメラマンが挙げられます。ミュージックビデオディレクターやアニメーターなど、近年では若者の憧れの職の専門学校が人気を高めています。アニメーション科は現役学生のみならず、国境を越えた外国人や社会人にも人気をよんでいます。作品作りを通し、美術や彩色、キャラクターデザインなどの映像制作の方法を一から学ぶことによって、制作会社などに就職や転職が期待できます。

広い学習で進路確認

特集な専門技術が求められる映像系クリエイターへの道として、専門学校で役立つ資格・検定を取得し、放送・映画・アニメなど、様々な職に就くことが可能です。例えば、男子学生からの支持率が高いのは、映像カメラマンやプロデューサー、映画監督などの責任感を問われる職種です。例えば、プロデューサーになるにも制作進行からのスタートとなり、演出と制作のイロハを学び、制作デスクを経て、プロデューサーとしての活躍に結び付きます。専門学校では土台となる映像メディアなどの学科にて、映像の企画から構成、撮影編集やサウンドといった技術面、制作進行までを広く学習することができます。一般的に1年前期に学んだ技術は、2年次以降の専門課程や発想を展開する時に活きてくると、在学中の学生から支持を集めています。進級時には、プロモーションやアニメーション映像科など、学科を最終決定できるので、学びながらの方向性を明確にできると評価されています。